読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pjane’s blog

映画、海外ドラマ、時々アメコミ

【Amazonビデオオススメ作品】ダウントン・アビー

Amazonビデオが熱い。

数多くのドラマ、映画、コメディが配信されていて、プライム会員ならその多くを観ることが出来る。

正直、観られる作品が多すぎて時間がいくらあったも足りない。

私と同じ気持ちを持っている人も多いと思うので、この記事では私が見た作品の中からオススメを紹介する。

今回はダウントン・アビー

現在シーズン4まで配信されている。

2015年に公開されたシーズン6を持って終了している。

 

 

あらすじ

“ダウントン・アビー”は自信と気概あふれる大邸宅。

当主の伯爵一家と大勢の使用人が伝統的な貴族の生活を守っている。

そこに変化が訪れようとしている。

新発明の電灯や電話をしのぐ大きな変化だ。

オススメポイント

・魅力的な登場人物

 それぞれの登場人物のキャラが立っている。

 伯爵一家はもちろん、使用人達もそれぞれ異なった性格を持っていて、それが原因で色々な問題が起きていく。

 誰か1人は、あなたが感情移入出来る登場人物が居るだろう。

 個人的には伯爵家3姉妹の次女、イーディス

f:id:TCDumplings:20170313232020j:plain

 見た目もそんなに良くなく、作中でも行き遅れ扱いされる上、様々な災難が降りかかってくる。

 そんな状況で少し卑屈になりながらも、行動を起こしていくイーディスは良い。

・時代背景の即したストーリー展開

 シーズン1の第1話は1912年。

 シーズン6の第1話は1925年。

 この時代にイギリスは戦争を経験したり、激しい時代の移り変わりにあった。

 伯爵家といえどもその波には逆らえない。

 それに合わせてダウントンアビーも少しずつ変わっていく。

 時代の動きを上手く使ったストーリーは、観ている人をどんどん作品に引き込んでいく。

・古き良き英国の服装

 よくこの作品の見どころとして女性の服装が挙げられる。

 しかし、私はもともと英国的な服装が好きなこともあって、男性の服装に惹かれる。

 特に、狩りにいく際の服装はとても良い。

 

 

f:id:TCDumplings:20170227205315j:plain

 

まとめ

英国版愛憎劇と評されることも多いこの作品。

しかし、日本の昼ドラのように誰かを取って取られて、といことは無い。

なので女性はもちろん男性も見て欲しい。

またシーズン1の第1話は登場人物がどんどん出てくるので、なかなか名前や関係性を把握しにくく、つまらなく感じることもあるだろう。

(私は実際そうだった笑)

ただ、第1話のオチで私は一気に引き込まれたので、とりあえず最後まで見て欲しい。

そうすれば、ダウントン・アビーにハマる。