pjane’s blog

映画、海外ドラマ、時々アメコミ

【Amazonビデオ】キャスト・アウェイ【オススメ作品】

 今回はトムハンクス主演の「キャスト・アウェイ」。

フォレスト・ガンプ以来トムハンクス主演作品を漁っていて、特にこの作品をお気に入りだ。

 以下、あらすじ。

チャック・ノーランドは、世界宅配便“フェデックス”の敏腕システム・エンジニア。
世界中を駆け回り、システム上の問題解決に明け暮れている。
一秒も無駄にしないことが彼の信条だった。そんなある日、彼の乗った飛行機が事故を起こす。
奇跡的に一命を取り留めたものの、彼が漂流した先は無人島だった。まったく孤立無援の環境に投げ出されたうえ、日常の便宜から切り離され、チャックは生きるために必要な水と食料、寝る場所の確保の問題に直面する。
過酷な環境の中、彼は孤独という精神的な試練に対し、ケリーを心の支えに生き抜く。
4年が経ち、ついにチャックは無人島から脱出して文明社会の現実へ戻る。だが、そこで彼を待っていたのは、更なる厳しいもうひとつの試練だった……。
 
いわゆる無人島作品だが、この作品には怪物が出てきたリ、原住民が出てきたりすることはない。
本当にチャック(トムハンクス)1人なのだ。
そんな中でなんとか生きていこうとするチャック。
そして途中から友達になるバレーボールのウィルソン
絶望的状況ではあるが、作品の雰囲気は非常に明るく、所々にジョークが散りばめられいて気楽に見られる。
特に火を起こすのに成功したシーンは超嬉しそうで笑えるし、自分もこんなテンションになりそうだなぁと妙に感情移入出来る。

 

f:id:TCDumplings:20170312223157j:plain

(それにしてもこのトムハンクス、ノリノリである

 

よく無人島や絶望的な状況の映画で登場人物が自暴自棄になったり、無茶苦茶したりするが、あまり共感できない。

むしろこの作品のチャックの様に冷静に物事を捉えつつ、最善を尽くす。

それでも時折発狂してしまう、これがリアルな感じがする。

(遭難したことはないが…)

 

また、無人島から帰って来た後のチャックの変わり様にも注目。

あれだけ時間時間言っていたチャックが…

 

無人島で遭難するという特殊な状況が題材ではあるが、ストーリーそのものは非常にシンプルかつリアル

チャックの行動や考えは非常に冷静だし、無駄に取り乱すことがないので、観ていてもイライラすることがない

便利な現代に生きる我々が観ておきたい作品の1つだろう。